STUDY制度/取り組み

応援する人を、
応援します。

トータスには、
様々な制度や取り組みがありますが、
その根本には「働く人が気持ちよく働けるからこそ、
お客様にも良いサービスが提供できる」という
考え方があります。
ここでは、トータスが実際に実施している制度や
取り組みの一部をご紹介します。

01

数も気持ちも大事にする人こそ、
一流になれる。

トータスの評価は年齢、経験年数ではなく、一人ひとりの取り組みをフェアに見るのが特徴です。販売数などの実績ももちろん重視しますが、それと同時に「顧客満足度」も大切にしています。アンケートはがきの返信の数や、その内容を確認し、どれだけお客様が満足してくださっているのか。販売実績だけでなく、お客様との向き合い方も大切にできる人に育ってほしいと思います。

数も気持ちも大事にする人こそ、一流になれる。

02

車も自分も磨いてください。

自己投資、大歓迎です。業務に関する資格取得の費用、業務知識向上に向けて参加した有料の研修やセミナーなどの費用を、会社が全額負担します。それが、資格支援補助金制度。実際にこの制度を利用して、四大卒で入社し、三級整備士の資格を取得した人もいます。制度をうまく活用し、スキルをあげてください。

車も自分も磨いてください。

03

地元を盛り上げるには、
暮らす人の目線が必要です。

トータスは地元を応援する会社。地元を盛り上げ、そこに住む人たちの暮らしを豊かにしていきたいと考えています。だからこそ、一人ひとりの社員には、住人と同じ目線を持てるように、ぜひ同じ街で暮らしてほしい。そこで、私たちは一人暮らし支援制度を用意。不動産会社様と提携しているため、仲介手数料が半額になったりするなどの優遇サービスを受けられます。遠くの方でも大丈夫。安心してきてください。

地元を盛り上げるには、暮らす人の目線が必要です。

04

社長から直接学んでください。

入社後2年間は、隔週で新人社長塾という研修を実施。参加するのは社長と入社1.2年目の若手だけ。目標設定の方法、目標を達成するためのプロセス、良い行動サイクルをどう身に着けるかなど、社会人として必要な心構えやスキルを社長から直接学ぶことができます。

社長から直接学んでください。

05

組織をつくっていくおもしろさを、
一緒に。

現在の社員数は150名。小さな規模の会社ですから、まだまだ不完全なところもある。だけど、裏を返せば、不完全だからこそ、これから会社を作っていく楽しさも味わえるというもの。
たとえば、リーダー以上の役職者には年に2回の経営合宿を実施。箱根に宿泊し、現状の振り返りから、今後の経営戦略も、たっぷり話し合います。現在の最年少リーダーは25歳の入社3年目。若いうちから経営に参画できます。一緒にトータスをつくっていきましょう。

組織をつくっていくおもしろさを、一緒に。

06

残業ゼロ。有給消化率100%。

トータスでは様々なプロジェクトが動いていますが、その一つに2016年10月から始まった「楽園プロジェクト」があります。これは働き方を変えるプロジェクトで、「総労働時間」を減らしながら、部門同士の連携も高めて利益もあげてしまおうというプロジェクトなのです。残業ゼロ、有給消化率100%などをめざして、働き方の改革に取り組んでいます。プロジェクトには、新入社員全員が参加。新しい発想と価値観で今までのあたり前を変えようと、取り組んでいます。

残業ゼロ。有給消化率100%。