軽自動車の下取り額が高いのは何色?
クルマの豆知識

2020/01/20

新車と未使用車の違い

  • シェア
  • facebook
  • twitter
  • line

お得だから、トータスは届出済軽未使用車をおすすめしています。

届出済軽未使用車って何?

POINT1.
中古車でありながら状態が非常に良い車が届出済軽未使用車!


皆さんは「届出済軽未使用車」という言葉を聞いたことはありますか?届出済軽未使用車とは、ナンバー登録をしただけで、誰も使用していない車です。主に自動車ディーラーで展示用に活用されています。新車との違いは、「ナンバー登録が済んでいる」「走行距離が若干ある」という2点だけなんです。

その走行距離も、ディーラーへ運ぶために走っただけなので、100キロ未満。「価格がぐっと安くなったほぼ新車の車」。それが、お得な届出済軽未使用車です!

POINT2.
購入したらすぐに乗れる!納車まで最短5日!車種とカラーが合えば断然お得です


ほしい車を購入したら、できるだけ早く乗りたいですよね。トータスの届出済軽未使用車は、お店に並んでいる車がそのまま商品になるので、納車もスピーディ!手続きと最終点検を終えれば、晴れてお客様にお渡しできます。新車では2~3週間程度かかる納車も、トータスなら最短で5日という早さ!

「買った車にすぐに乗れる」というメリットで、トータスを選んでくださるお客様も多いんです。

届出済軽未使用車の3つのお得!

POINT1.
新車と比較して、お手頃価格で手に入る


新車はナンバー登録されると、名義上は「中古車」の分類に入ります。この登録システムが安さの秘密。誰の手にも渡っていない車なのに、中古車扱いになるのでお客様に安くご提供できるんです。品質のいい車をお得に買うなら、届出済軽未使用車が断然おすすめです!

POINT2.
新車と同じ保証が適用されます!


トータスの届出済軽未使用車は、「継承手続き」をおこなうことで全車メーカー保証が受けられます。車の状態はまだ新しいので、トラブルの可能性はわずかですが、万が一の時も新車と同等の保証が適応されるので安心です。

POINT3.
税金だって、お得です!


届手済計未使用車は、税金の負担が軽いのも大きな魅力です。新車購入時に支払う「重量税」が、なんと「0円」!ナンバー登録時に重量税は支払済なので、次の車検まで必要ないんです。「取得税」も、負担が少ない金額になるので、税金面でも助かりますね。

  • シェア
  • facebook
  • twitter
  • line
お客様のコメント用紙

お客様のコメント

お褒めの言葉もお叱りの言葉も私たちにとっては宝物です。
お客様の率直なご意見を掲載させて頂いております。

お客様のコメント一覧

title-icon 関連記事

クルマの豆知識

2020/07/26

夏のエアコン快適カーライフの秘訣パート1

今年も暑い夏がやってきますね。 この時期、車のエアコンの効きがいいと新車みたいで気分が上がりますよね。 自動車に費やす税金・保険料・駐車場代などの諸経費の事も許せちゃったりします。 ただ残念ながら車も歳をとります。徐々にガスが抜けたり、周辺機器の経年劣化の影響で効きが弱くなってきます。 また個人的には冬に暖房で使った後春先の使用頻度が落ちた後夏場突然負荷をかけると機能が落ちたように感じます。 そこでまずご自身で確認できる夏場のエアコンの快適に過ごす為に『内気循環』『外気循環』のチェックをしてみてください。

ドラレコは必要?ヒヤッとする動画まとめ!
クルマの豆知識

2018/02/13

ドラレコは必要?ヒヤッとする動画まとめ!

カーナビ、ETCに続き需要が高いオプションといえば、ドライブレコーダー。 最近はトータスでも「ドラレコ付けたいのですが…」というご要望をたくさんいただいております。 ということで本日はYouTubeから、 「ドラレコがあってよかった!」と思えるような動画を3つほどご紹介しながらドラレコの必要性について考えてみたいと思います! 【動画1】https://youtu.be/9ouk6teAxgo 追突や事故には至らなくてもヒヤッとした瞬間を集めている動画です。 こういう動画を見ると運転には気をつけようと気が引

サポカー、ご存知ですか?
クルマの豆知識

2018/02/07

サポカー、ご存知ですか?

みなさん、サポカー(セーフティー・サポートカー)をご存知ですか?   サポカーとは高齢運転者をはじめとするドライバーの交通事故防止の一環として、 国が推奨する新しい取り組み。 発進・停止時の自動ブレーキや踏み間違い事故を防止するための様々な機能が搭載された車です。   近年は自動車技術の向上によって交通事故件数は年々減少しているものの、 高齢運転者の構成割合は毎年高まっているとのこと。   警視庁が発表した28年度のデータによると、 交通事故の22.3%は高齢運転者が関与して

クルマの豆知識一覧